婦人

少額でも可能なまつげエクステ特化サロンの開業

少ない資金でサロンを開く

婦人

高額の設備は不要

美容師免許を持つ人が自ら独立を目指す時、最も大きな課題となるのが事業資金の調達です。規模や内装の程度によって差はありますが、一般に美容サロンの開設には1,000万円近い資金が必要だと言われています。これだけの額をすべて自己資金で賄える人はなかなかいませんし、借入金に頼るとなると今度は金利負担が重くのしかかります。しかし、特定のメニューに特化したサロンであれば、これよりずっと少額で開業することも可能です。たとえばまつげエクステサロンです。まつげエクステの施術は手作業が中心となるため、一般のヘアサロンのような高額の美容機器を買い揃える必要がありません。これも内装のこだわり具合などによって差は出ますが、おおむね100〜200万円程度の資金でも十分開業可能です。

1人からでも始められる

まつげエクステは付けまつ毛の一種ですが、人工の毛を1本1本直接自まつ毛に装着するという特色があります。そのため仕上がりが自然で、従来の付けまつ毛にはない微妙な表情が作れるとして人気を呼んでいます。開業時に絶対必要なのはベッドと机・椅子ぐらいで、シャンプー台も巨大な鏡も要りません。注意が必要なのは、開業する本人及び実際に施術に携わるスタッフは全員美容師免許の保持者でなければならないということです。しかし、最初は自分1人で始め、徐々に人を雇い入れていくのというのであれば特に問題はありません。まつげエクステサロンを開設する際には、通常の美容院と同様に保健所への届出が必要となります。これも専門のコンサルティング業者などに相談すれば、未経験者でも簡単に手続きが可能です。

長持ちがポイント

食器

業務用食器はまとめて購入できるうえに安価です。特注品や高価な食器はお店の体力が付いてきてからでも遅くはありません。耐久性の高い業務用食器は、余計な予備を用意せずに済みます。また、スタッフやお客さんの安全も守れるでしょう。

もっと見る

支援者を探す

拉麺

ラーメン店の独立を考えるのなら、最初から独立支援をしてくれるラーメン店に務める方法を取ってみましょう。また、支援をしてくれる企業を探しておきましょう。そして、日頃から人間関係を友好的なものにしておくことも大切です。

もっと見る

喫茶店で成功するポイント

コーヒー

カフェの開業で気をつけたいのが客単価が低いという点です。黒字経営にするには多くの客を呼び込む必要があります。そのためには企業や大学が近くにあるといった立地条件が大切になります。コーヒー通も呼び込めるカフェにすれば、幅広く集客できます。またモーニングセットや漫画本など付加価値を作り出すことも大事です。

もっと見る